本文へスキップ

西神崎ふるさと工房は、人と自然,未来をつなぐ心豊かな循環型の生活を目指しています。

活動紹介activities

1 活動の目標・方向性・手法

・日本経済の減速による、都会の閉塞感と魅力ある田舎への回帰
・地域の自然を生かし田舎の良さをアピールするを
・農業を通じ、地域の活性化につながる事業を行う
・美しさと安全安心を目標とするものづくり行う
・温もりと自立したふるさと西神崎を地域のみんな、外部の方々の協力で作り子孫に伝えます。

会員や地域の方々の理解を深め、推進の迷いをなくするためにモデルを設定する

    現在 、様々な情報から3カ所のモデルを設定し推進している。

 @ 三重県  モクモク手づくりファーム
           農業中心の産業  多くの若者が働く 50000人のファン
 A 熊本県  黒川温泉
           究極のいやしの地域づくり 地域内の連携 雰囲気の統一感
 B 鹿児島県 柳谷集落(通称やねだん 人口300人)
           地域のブランド化 土着菌の活用 人口増(未就学児童増)
 


2 先進地視察

   ・モクモク手づくりファーム(三重県)
モクモク手づくりファーム研修風景写真
         モクモクファームの会議室での研修風景


   ・黒川温泉(熊本県)
黒川温泉視察集合写真
      黒川温泉の3つ露天風呂を通行手形で体験し観光案内所で記念撮影。
      滞在時間2時間の駆け足体験視察で皆さんお疲れ気味
   ・やねだん(鹿児島県)
やねだん研修風景写真
      寺子屋のよな雰囲気の中での研修会・手づくりのイス?机?
      他の地区からの視察者と一緒に講義をうけました。
      芋焼酎やねだんなどお土産がたくさん売れていました。
      地域の名前が商品名になり「ブランド化」されたすばらしい
      取り組みです。     

3 研修講演会

新米試食会    10月13日 11時〜 新米米3合
地域づくり講演会 10月20日 午後7時30分から原集会所で開催


4 田んぼの学校

●第1回  5月12日

第1回田んぼの学校写真   第1回田んぼの学校写真
  西神崎の若手成長株3人組          絶好の田植え日より


●第2回  6月 9日

第2回田んぼの学校写真   第2回田んぼの学校写真
  今日の仕事は田の草取り・草刈り   おいしいむすびと新鮮なアスパラ料理


  

●第3回  8月 4日



  

●第4回  9月 5日

第4回田んぼの学校写真   第4回田んぼの学校写真  
  心配そうな米屋さん            子どもに教える松屋さん


●第5回 10月20日

田んぼの学校についてのブログ

5 10年計画立案

 10年計画は、体系的総合的なものとし、視察や議論を重ねながら修正を加え、継続的、組織的に実施していく。
 実施内容はよく考え、お金をかけないで、時間をかけて推進する。
 できるだけ多くの人の知恵と汗による身の丈にあった手作りを基本としたい。

未来の西神崎写真

      10年後2022年の西神崎にほしい施設(愛媛県内子町視察から)
 
 ●10年後の西神崎の姿

 ・地域の住民がふるさと西神崎を夢を持って語れる地域。
 ・外部からも西神崎を訪ねる交流人口が年間40000人(月平均3000人強)
 ・交流人口の3割1200人を西神崎のファンとなっていただきたい。
 ・西神崎の人口が400人 2から30代の若者100人 15歳以下50人
 ・シバザクラ 桜 ポケットパーク 散歩回廊 しゃれたトイレ
 ・貸し農園 農家民宿 農家レストラン ハーブの園 野菜市
 ・西神崎ブランド米 ・ブランド野菜 
 ・土着菌の活用による有機農業の定着
 ・森林資源を活用した エネルギー自給
 ・米づくりブログ  やさいづくり
 ・ブログ地域づくりぶろぐなどの情報をたくさん発信
 ・西神崎ホームページの充実とファンクラブの会員募集


西神崎ふるさと工房

〒722-1115
広島県世羅郡世羅町西神崎931-1
TEL 0847-22-1060
E:mail:info@ furusato.nishikanzaki.nss55.net
代表者 松浦 義和